読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書き置き

雑感とか書き出すところ

雑感5/15

ヴィンランド・サガ1~17

いろんな知人に面白いと勧められ続けたので購入。
個人的に戦いの後や、目標の先を想像もしくは書いてくれる作品は好きになることが多いです。
この作品については、序盤の目的は10巻くらい?で一区切りつき、 目標が終わってしまった後、どう生きるのかという部分を非常に重く描いています。
主人公のそれまで歩んできた人生を踏まえたうえで 自分は何をするのか、どう生きるのか、何をしなければならないのか。
17巻時点ではある程度答えは示されいますが、行き着く先に何があるのか。
とても楽しみな一作です。

幻影博覧会

冬目景先生作品。
大正時代くらいのちょっとしたミステリー作品です。
落ち着いた雰囲気は冬目先生の作風にとてもマッチしているのかなと思います。

空中庭園の人々

冬目景先生の短編集。
基本的に宇宙人だったり、コビトだったり、 普通の人が少し不思議なものと出会う短編です。
冬目先生の日常+コメディみたいなシーンはとてもスキなので 非常に楽しめました。キャラの表情とか会話とかいいですよね。

おちこぼれフルーツタルト1

浜弓場双先生のアイドル同居もの。
ストーリーとかシチュエーションは最近良くありがちな感じ。
しかし浜弓場先生の特徴かとおもいますが、キャラクターが可愛らしいです。
キャラの特徴などもよくある感じなんですが、行動とか見ててしあわせになれます。
なんだかんだ人気でそうな一作です。

メイドインアビス4

相変わらず幼児を苦しめる最高に趣味の良い作品
今までも世界観の謎だったり、ノロイについてだったりといろいろ言及はありましたが、
今回特に事実としての闇が深まりました。
今後の展開が非常にたのしみです。
あとナナチが最高にかわいい

六花の勇者

昔買ったまま放置してた一冊。
アニメ化もしたので、映像化された一巻をよんでみました。
小説ながらストーリーの進め方とテンポがいいですね。
しかしファンタジー世界でミステリーなので、一度読むだけでは人名や
固有名詞など把握できないんじゃないでしょうか。
いまだとアニメ見た勢だと問題ないかと。
アニメは1巻部分を余すところなく作ってくれているので
アニメ見た人は2巻からで問題無い感じでした。

シャイニング雑感

シャイニング [Blu-ray]

シャイニング [Blu-ray]

あらすじ

コロラド州のロッキー山上にあるオーバールック・ホテル。小説家志望のジャック・トランスは、雪深く冬期には閉鎖されるこのホテルへ、管理人としての職を求めて来た。
支配人のアルマンは、「このホテルは以前の管理人であるチャールズ・グレイディが、孤独に心を蝕まれたあげく家族を斧で惨殺し、自分も自殺したといういわく付きの物件だ」と語るが、全く気にしないジャックは、妻のウェンディ、一人息子のダニーと共に住み込むことを決める。ダニーは不思議な能力「輝き(Shining)」を持つ少年であり、この場所で様々な超常現象を目撃する。
ホテル閉鎖の日、料理主任であるハロランはダニーとウェンディを伴って、ホテルの中を案内する。自身も「輝き」を持つハロランは、ダニーが自分と同じ力を持つことに気付き、「何かがこのホテルに存在する」と彼に語る。そして、猛吹雪により外界と隔離されたオーバールック・ホテルで、3人だけの生活が始まる。(シャイニング (映画) - Wikipedia)

感想

キング原作キューブリック監督の有名なホラー映画です。
Netflixにあったので視聴しました。
ちょっと調べてみたら、これ原作と相当違うらしいです。
原作気になるけどひとまず映画の感想を。
ストーリーは平凡、冒頭から示唆されまくるけど、お父さんが狂って家族を殺そうとする話。
作品内での表現が少なすぎて、狂う理由とかホテルの背景とか理解できないあたりが おそらく原作と違うのかなーと思ってます。
ただ特筆すべきは役者の演技、特に主演のジャック・ニコルソン
いいお父さんを演じている時や感情を発露させるとき、 なにより魅力的なのは狂ったあとですね。まさにこの作品の象徴とも言えるのではないでしょうか。
パッケージのおっさんの顔とか一度見ると忘れられないですよね。
個人的にはバーカウンターで喋っているシーンの演技はとてもスキでした、 独り語りで見てて面白いくらいの感情をだせるのはすごいと思います。

ホラー映画としての完成度はとても高い反面、ストーリーがとても薄いので 日本のホラーとかに慣れている人は少し物足りなく感じるかもしれません。
原作のほうが面白いんじゃないかなとちょっと気になっています。

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-雑感

ゴールデンウィークを消費したスターオーシャン5について雑感をば

ストーリーについて

SO2(宇宙暦366)とSO3(宇宙暦772)の間(宇宙暦537)の話

過去作品のように、なんだかんだ世界を救う話ではなく、とある女の子を救うお話です。
なので壮大なスケールではなく、シンプルでコンパクトなストーリー運びになります。
SOシリーズとしては重要なポイントになっている話なので、シリーズのファンとしては ちょっと物足りなさを感じつつもSO2やSO3に思いを馳せることができるので楽しかったです。

システム周り

やはり今作注目なのは、パーティの人数とシームレスバトル。

多人数パーティ

パーティは最大操作キャラ6人+α。基本は全7人です。

やってみた感想としては、まぁ今までの戦いで人数増えただけだんですが、 CPUがある程度ちゃんと動いてくれるというのもあって、やれることが増えてとても面白くなっています。
4人パーティの頃と違い、1キャラを操作キャラとして使っても、 前衛後衛が十分な数いるので、戦闘の幅が広がります。
とりあえず突っ込んで力押ししたり、前衛がごちゃっているところを紋章術で援護や制圧したり、 後衛を守り続けたりと、CPUの行動を設定するところから、操作キャラ選び、戦い方となかなか幅広く楽しめました。
まぁ結局力押しでだいたいなんとかなってはしまうのですが。

個人的には人数の少ない序盤はフィデルメインで戦闘
中盤は魔力開放フィオーレで遠距離制圧
終盤はバーサーカーアンヌで殴りこみ
クリア後はバーサーカーエマーソンで遠距離制圧してました。

シームレス

本作シームレスバトルというところに目がいってしまいがちですが、 バトルにかぎらず全編通してほぼシームレスになっています。
イベントの際には、いきなりパーティメンバーが話だしたり、知らん方向に歩いて行ったりして、 ちょっといままでのRPGとは違った体験ができます。
よしイベント始まったじっくり見るぞ、というようにはならず、自分の操作していたキャラクターがそのまま 動き出すので、その世界への没入感が失われなませんでした。
ただ視点がフィデルの後ろからほぼ変更できないのがもったいなかったです。
イベント時だけでも自由に動かせるようになるか、もしくは一人称視点にできると良かったのではないでしょうか。
シームレスバトルについてはそこそこって感じです。
雑魚敵狩るときなんかは、いちいちロード挟まずに戦闘できるので、出会う->戦闘開始->終了まで数秒といった長さの時もあり、さくさくできました。
反面、シームレスとはいえバトルフィールドが形成されるため、パーティの後ろのほうにいるキャラクターはすぐに戦闘に参加できない弊害がありました。
自分は上に書いたように、序盤以外フィデルを使ってなかったため、戦闘に入っても自分の操作キャラがいない、といったことがしばしばありました。

ここがもう少し、みたいな部分も多少ありましたが、ゲームシステムは概ね良かったんじゃないかと思いました。
SO5の結果しだいで続編も可能性はあるようなので、次回作にはよりよいものを本当に期待しています。
ただPAだけ、ちょっと異常に回収が面倒だったのでなんとかしてもらいたかった。

ゲームバランスとかその他雑感

SOシリーズは基本的に一周試練クリアで終わりにしてるので、難易度上げた奴はわからないです。
今回も1周めについてですが、全体的に難易度は優しくなっている印象でした。
パーティ人数が増えたということもあり、一発全滅というのは試練に行くまではなし。
唯一アンヌ守護イベント戦闘の時にアンヌにバーサーカーつけたままで何回か全滅した程度でした。
人数が多いのでゴリ押しもしやすく、戦闘の3すくみも後半はほとんど意味がなかったせいでしょうか。
試練についても、ストーリークリア後のパーティーでそのまま挑んでも即全滅ということもなく レベル上げしつつ装備整えつついけばクリアできる程度でした。
ただ試練で親父が開幕即死放して来た時はイラッとしました。

まとめ

全体通して、個人的評価としては非常に良作でした。
SOシリーズのファンかどうかでも評価は変わるとおもますが、 戦闘システム、バランスもよく、数多くのPAとキャラの魅力 SO3に繋がるきっかけとなるストーリー。
次回作にも期待が持てる、良い作品だったと思います。

雑感まとめ

文字書いたり頭のなか吐き出したりしたいので雑感出してく あとコンテンツ消化するだけはもったいないので少し思い返したりする GWで結構まとめ読みしたので本当に雑感

漫画

ヒトミ先生の保健室(1) (RYU COMICS)

ヒトミ先生の保健室(1) (RYU COMICS)

ヒトミ先生の保健室1

前々から気になっていた作品。1巻だけ買って読んでみました。
気になっていたのは表紙の一美先生ですね。単眼っ娘。
内容については、さまざまな形態が生活する世界で、とある学校の養護教員の単眼娘が生徒の相談にのる話。
どちらかというと日常コメディに近い作品です。各々のキャラクターの個性が強いというのはありますが この形態ならこういう問題は発生するだろうな、という部分や、 この世界における形態変化=思春期の心の変化?のような感じなので、 その変化自体に対する問題や、変化の理由に対する悩みなどを扱っているところはとてもおもしろい。
こういったファンタジー世界やSF世界の日常深掘りみたいなのは大好きなので、続きを読むのが楽しみな作品。

ヒナまつり1

面白いと評判の作品。こちらも気になってたので1巻買って読んでみました。
ヤクザのもとにエスパー少女が転がり込むお話。
なんだろうこの独特な空気感は。とても癖になる。
こちらもとりあえず続刊読もうかな。

セントールの悩み(1) (RYU COMICS)

セントールの悩み(1) (RYU COMICS)

セントールの悩み1~12 電子書籍化されな6巻以降をまとめ買いしたので全部読みなおしてみました。
人間とは異なる形態の世界のお話。
日常生活や世界背景まで描いてくれるあたりがとても秀逸。
人馬の娘たちが本気で可愛くてどうにかなりそう。
後半読んでて思ったんだけど、面白いのは良いとしてこの世界は一体どこに向かっているのだろうか。

ななしのアステリズム1~2
一方通行の三角関係な女の子3人のお話。
どうあっても泥沼にしかならない設定の3人組。
各々の思惑や踏み込み方、観察力の差など、物語の進む先もさることながら
個人の立ち回り方もみていて面白く感じます。
百合作品が多くなり日常モノの延長的な作品が溢れている中
絶妙な物語展開にとても期待してます。男性キャラがちゃんといるのも良しですね。

NKJK : 1 (アクションコミックス)

NKJK : 1 (アクションコミックス)

NKJK
重病で入院することになった同級生を笑わせるために四苦八苦するお嬢様のお話。
元ネタとしては笑いで病気なおす的なあれですね。
お笑いを知らないお嬢様がお笑いにチャレンジするギャップ、
重病の人間相手にふざける(笑いを取る)不謹慎感と二重楽しませてもらえるました。
さらに、ずっとだらだらとそんなコメディを続けるのかと思いきや
一緒にお笑いに挑戦する友達や師匠ができたり、病状の悪化
新たな笑いに挑戦したりと地味にストーリーを動かしてくれるので、とても続刊に期待してます。

中卒労働者で始める高校生活1~5
中卒労働者が定時制高校に通って人間関係ごちゃごちゃしたり恋愛したりする話。
一番秀逸なのはタイトルのつけかたでしょうか。
ストーリー自体は不良学生とワケありお嬢様の恋愛みたいな、結構典型的な作品。
働きながらの定時制高校なので、いろいろな背景の人が関わってくるというのが面白い部分ですが少し弱い気がします。
個人的にはもっとドロドロというか黒いというか、趣味の悪い葛藤とか好きなので、
期待してたよりは爽やか真っ当な恋愛物し始めるのがちょっと期待はずれでした。
お話自体は面白いので続刊でたら読もうかなという感じ。

僕だけがいない街8
楽しみに待ってた最終巻。

ギフト±
女子高生解体屋さんの解体あんど違法臓器移植のお話。
もっと倫理観的なところガッツリやってくれるのかと思っていましたが、
どちらかと言うと女子高生主人公のヤクザ物でしょうか。

月が綺麗ですね: 1 (百合姫コミックス)

月が綺麗ですね: 1 (百合姫コミックス)

月が綺麗ですね
けもみみパーティ。
キャラがかわいいほっこり百合もので幸せになれました。

ぷくゆり (百合姫コミックス)

ぷくゆり (百合姫コミックス)

ぷくゆり
再読します。

マージナル・オペレーション1~5
芝村裕吏原作。
主人公適応能力高すぎだろってなりました。
シミュレーション部分の画面はガンパレ思い出しますね。
戦争への向き合い方なんかはとても芝村さんらしくて良かったです。
確か原作小説あったかと思いますが、漫画版とてもおもしろいのでこのまま次巻に期待してます。

ウメハラ FIGHTING GAMERS!4
カメラ屋VSクラハシからのウメハラ
非常に熱いですね。異なるスタイル同士の戦い。自分が持っている武器での戦い。
最近は大きなゲーセンしか残ってないのでああいう感じあんまり無いですが、
地元の狭いゲーセンで同じ人と何度も連戦したのを思い出します。

宇宙兄弟28
kiss×sis16
このあたりはいつもどおり。

タブー・タトゥー1~9
ビッグオーダー1~9
僕のヒーローアカデミア1~3
アニメ化異能もの3作品
タブー・タトゥーは絵がキレイでいいですね。
ビッグオーダーはなんか大雑把でいいですね。
ヒーローアカデミアは面白いです。

ラノベ

本好きの下克上〜司書になるためには手段をえらんでいられません 第二部 神殿の巫女見習いⅢ
周りに良い人しかいなすぎてさすがに飽きてきましたね。
少し何か起きそうなので次巻に期待です。

アニメ

プリパラ一期1~38話
まったく見る予定なかったのに一気見してしまった・・・
そしてこれ、2期あるんですね(歓喜)。
自分は基本的にこういう作品みないんですけど、女児向けアニメってとてもいいですね。
ストーリー構成がわかりやすく、構成世界に悪意が無い。
待ちの外や海外も意識させない閉じた世界。
若干ブラックになりそうな部分はありえないようなコメディで隠蔽する。
結構いろんなところでこういうのもあるのかっていう表現があって面白かったです。

GWあって量がおおかったので本当に雑感を。 量が少ない時や、単作品の時にはもうちょっとしっかり感想出力できるようにしたい。